Garden Cottage POLLYANNA


八ヶ岳の森の小さなお宿

近頃のポリアンナ

お知らせ❤→こちら


★このページは年頭から書足し,下段ほど過去のものとなります。写真をクリックしてごらんください。

pollyanna11810

Instagram


八月、

いよいよ夏休み本番、三年ぶりのお出かけ制限(コロナ)無しの夏休みとなりました。

キツネノカミソリ ミソハギ ヒオウギ ウバユリ エキナセア ルドベキア・タカオ モナルダ(Pink) モナルダ
キツネノカミソリが咲くとそろそろお盆、ヒガンバナ科の花です。40余年前にこの森に来て初めて出会ったキツネノカミソリ、だんだん身近に感じるようになってきました(^^;) 8/2日
ミソハギ 8/2日
ヒオウギはこの辺りの野に自生するアヤメ科の多年草、草丈は1.2mほど。 8/2日
ウバユリ、今年は少ない、ということは7年前の夏に何か異変があったわけだ、、、 8/2日
エキナセア「暑さなんかへっちゃら」という風情で八月を咲き続けます。 8/2日
ルドベキア・タカオ、この花が咲くと初本番を感じる。 8/2日
モナルダ(Pink) 8/2日
モナルダ(白)、随分花びらが散って緑の坊主頭となってきました。 8/2日

七月、

今年は雨が無いまま六月中に梅雨明けを迎えた、この夏はどうなることやら。

チダケサシ ブラックレースフラワー ベロニカ・ロンジフオリア ホスタ・ウシロガイチ ホタルブクロ ヤマアジサイ・キヨスミサワ ヤマアジサイ・クレナイ ヤマアジサイ・クレナイ ヤマアジサイ・クロヒメ ヤマアジサイ・シチダンカ ヤマアジサイ・シノノメ ヤマアジサイ・剣の舞
        ヤマアジサイ・ミカタヤエ ハクウンボク 礼文シモツケ 源平シモツケ
チダケサシ Astilbe microphylla ユキノシタ科の多年草。 7/7日
ブラックレースフラワー、セリ科の一・二年草 7/7日
ベロニカ Veronica longifolia 7/7日
ホスタ、明治の頃から我が家に咲き継いでいるが名前は不詳。 7/7日
ホタルブクロ、この辺りに自生する在来種。 7/7日
ヤマアジサイ・富士の滝 7/7日
ヤマアジサイ・ミカタヤエ 7/7日
ヤマアジサイ・キヨスミサワ 7/7日
ヤマアジサイ・クレナイ、こうして段々紅味をましていく。 7/7日
ヤマアジサイ・クレナイ、最初は真っ白に咲き、次第に紅色に染まり、八月頃には黒みを帯びた濃い紅色になる。 7/7日
ヤマアジサイ・クロヒメ 7/7日
ヤマアジサイ・シチダンカ 7/7日
ヤマアジサイ・シノノメ 7/7日
ヤマアジサイ・剣の舞 7/7日
ヤマアジサイ・ミカタヤエ 7/7日
ヤマアジサイ・富士の滝 7/7日
レブンシモツケ 7/7日
ゲンペイシモツケ 7/7日

六月、

日本では梅雨を連想させる頃ですが思いのほか晴れの日が多い季節です。

南庭花壇通り チャセンシダ 黄金葉テマリシモツケ ペンステモン ノックアウト ジキタリス サルビア スプリッシュスプラッシュ プラテンセ キバナノヤマオダマキ キショウブ 朝の光 ロサムルチフローラ ヤグルマソウ クレマチス モッコウバラ デルフィニウム コルキッツァアマビリス サンショウバラ ロサ・ミクルゴサ ヤブデマリ ハクウンボク ナニワイバラ シジミバナ
朝の南庭通り 6/12日
チャセンシダ(茶筅) 6/12日
黄金葉テマリシモツケ 6/12日
ペンステモン・ハスカーレッド 6/12日
ノックアウトは雨にも負けず病気せず、秋まで咲いてくれる強いこ。 6/12日
ジキタリス(キツネノテブクロ) 6/12日
サルビア・ウリギノーザ 6/12日
ゲラニウム・プラテンセ・スプリッシュスプラッシュはプラテンセの斑入り種。 6/12日
ゲラニウム・プラテンセ 6/12日
キバナノヤマオダマキはこの辺りの山野に自生する在来種 6/12日
梅雨空が似合うキショウブ 6/12日
朝の陽射しが眩しい芝庭 6/9日
ロサ・ムルチフローラは日本の野バラのトゲ無し選抜種。 6/9日
ヤグルマソウ 6/9日
クレマチス・マダムコルチエ 6/9日
モッコウバラ、高地のここでは今頃満開です。 5/30日
デルフィニウム 5/30日
コルキッツァアマビリス(鍾馗卯木) 5/30日
サンショウバラ 5/30日
ロサ・ミクルゴサ ハマナスとサンショウバラの交配種。 5/29日
ヤブデマリ 5/29日
ハクウンボク、信州の山に自生する落葉樹。 5/28日
ナニワイバラ 5/25日
シジミバナ 5/25日

五月、

鯉のぼりが青空に泳ぐ季節、ここは「夏は来ぬ」と謳われる季節感がちょうどぴったり合っている土地柄です。

サワフタギ サワフタギ ミヤコワスレ ホスタ・ブレッシンガムブルー ホスタ・サガエ フウチソウ ビバーナム ボタン ホスタ ジャーマンアイリス ゲラニウム ゲラニウム ゲラニウム クリンソウ キレンゲツツジ オシダ ツキヌキニンドウ オオデマリ ハンカチノキ 宿根フロックス マムシグサ ホスタ・長大銀 シャクナゲ オーニソガラム オダマキ アメリカハナミズキ リキュウバイとハレーシア リキュウバイ ハレーシア 蓮池 タイツリソウ クマガイソウ オオデマリ
サワフタギの花、秋には瑠璃色の実をつけます。 5/25日
サワフタギはこの辺りに自生する落葉低木 5/25日
ミヤコワスレ 5/22日
ホスタ・ブレッシンガムブルー、そろそろギボウシたちが葉を広げ終わる頃になりました。今年はどのギボウシも大型に育っています。 5/22日
ホスタ・サガエ 5/22日
フウチソウ、奥には黄金葉のものも伸び始めています。 5/22日
ビバーナム 5/22日
ボタン 5/19日
ホスタ・ブレッシンガムブルー 5/19日
ジャーマンアイリス 5/19日
ゲラニウム・メイフラワー 5/16日
ゲラニウム・ファエム・スプリングタイム 5/16日
ゲラニウム・ダルマチカ 5/16日
クリンソウ 5/16日
キレンゲツツジ 5/16日
オシダ 5/16日
ツキヌキニンドウ(ハニーサックル)、つぼみができてきました。 5/10日
オオデマリが真っ白になりました。 5/10日
ハンカチノキ 5/8日
宿根フロックス・ストロフェラ・ブルー 5/7日
マムシグサが地面から突き出した姿、鎌首を持ち上げた不気味な姿はこの中から現れます。 5/7日
ホスタ・長大銀 5/7日
シャクナゲ 5/7日
オーニソガラム、繁殖力がすさまじい、要注意。 5/7日
オダマキ(園芸種) 5/7日
アメリカハナミズキ 5/7日
リキュウバイとハレーシア 5/6日
リキュウバイ(利休梅) 5/6日
ハレーシア(アメリカアサガラ)、エゴノキの仲間の落葉中高木です。 5/6日
蓮池の周辺も日増しに緑を増しています。 5/5日
タイツリソウ、今年は遅霜に遭わずに花の時期を全うできそう。 5/5日
クマガイソウ、少しずつテリトリーを広げています。 5/5日
オオデマリ、未だ緑色の手毬、これから徐々に白さを増していきます。 5/4日

四月、

下界では三度目のコロナ騒ぎの年度始めを迎えましたが、ここでは何の変わりもなく大自然の真っ只中で日々の営みを続けております。

ヤマブキ ドワーフコンフリー イワヤツデ シラネアオイ(白花) ヤマブキソウ 東国ミツバツツジ オオバナエンレイソウ 朝のPOLLYANNAⅱ 朝のPOLLYANNA シラネアオイ シモクレン ユキヤナギとシモクレン コブシとフユザクラ チオノドクサ スイセン イカリソウ シモクレン スイセン カタクリ ヒメコブシ ムスカリ ミズバショウ スイセン スイセン ヒメリュウキンカ チオノドクサ タツタソウ スイセン シラー シラー コブシ
ヤマブキ 4/23日
ドワーフコンフリー 4/23日
イワヤツデ 4/23日
シラネアオイ(白花) 4/25日
ヤマブキソウ ケシ科クサノオウの仲間。 4/21日
東国ミツバツツジ 4/21日
オオバナエンレイソウ 4/19日
モクレン・エリザベスとシモクレン(紫木蓮) 4/19日
四月下旬、朝のPOLLYANNA 4/19日
シラネアオイ 4/16日
シモクレン 4/19日
ユキヤナギとシモクレン 4/16日
コブシとフユザクラの競演が見られる頃、ここは春本番となります。 4/11日
スイセン 4/11日
スイセン 4/11日
イカリソウ 4/11日
シモクレン 4/10日
スイセン 4/10日
カタクリ 4/9日
玄関ポーチ脇のヒメコブシ。 4/8日
花壇から逃げ出したムスカリは芝生に進出。 4/6日
ミズバショウ 嫌地のようで10年経っても不機嫌なまま、ところが移植してやると急に元気はつらつ、これから株を増やしてくれるかな。 4/6日
スイセン 4/6日
スイセン 4/6日
ヒメリュウキンカも路傍に咲く花、踏まれても箒で掃かれても平気でテリトリーを広げていく。 4/5日
チオノドクサ 3/31日
タツタソウ 3/31日
スイセン 3/31日
シラー・シビリカ “アルバ” 円形花壇 3/31日
シラー・シビリカ “アルバ” 3/31日
コブシはこの森のシンボル的な木、春告げの花。 4/11日