Garden Cottage POLLYANNA


近頃のポリアンナ


★このページは年頭から書足し,下段ほど過去のものとなります。写真をクリックしてごらんください。

       お知らせ❤→こちら

5月は

 ”五月晴れ” とか ”走り梅雨” などの声とともに、一雨毎に植物がぐんぐん伸びていく季節。

ギボウシ・ティアラ ホスタ Bressingham Blue ユキザサ クリンソウ クリンソウ ネコノメソウ キレンゲツツジ ヒトリシズカ ハレーシア ハレーシア エビネ ハンカチノキ ハンカチノキ 芝生 芝生
ギボウシ ”Tiara” ギボウシは総状花序の形が擬宝珠と似ているためについた名前。これもこぼれ種から自生したもの。
ギボウシ ”Bressingham Blue” 学名:Hosta ポリアンナの庭はシェードガーデンが多く、ホスタにはうってつけの環境、あちこちに在来種から園芸種までが繁殖している。 5/18日
ユキザサ、学名:Maianthemum japonicum ユリ科の多年草。白い花と笹に似た葉の形状などからついた名前とか。
クリンソウ、あちこちに種がとんで芽を出し、ロゼット状で冬を越して翌年に咲く。
クリンソウ 学名: Primula japonica サクラソウ科サクラソウ属の多年草。花の形を仏塔の九輪にみたててつけられた名前。
ネコノメソウはそろそろ種ができはじめている。
キレンゲツツジ
ヒトリシズカ、学名:Chloranthus japonicus 別名:吉野静、吉野御前(吉野山で舞った静御前の美しさになぞらえたもの)センリョウ科の多年草。先月お目にかけた咲き始めとは似ても似つかぬこの姿、比較してご覧下さい。
ハレーシア、ポリアンナには4箇所に植えられているが、陽当たりや風当たり、水はけなどの影響からか、枯れ戻すものがあり、20年生以上だが樹高が10m余りのものから数mのものまでいろいろ、原産地とは気候風土が違いすぎるのかも知れない。
ハレーシア、別名:アメリカアサガラ 学名:Halesia carolina エゴノキ科アメリカアサガラ属の高木、北米カロライナ地方原産。 5/18日
エビネ、ラン科の日本原産植物。 学名:Calanthe discolor 名前は地下茎から生えている根の様子がエビに似ていることに由来する。 5/18日
ハンカチノキ 学名:Davidia involucrata 別名:幽霊の木、英名:鳩の木。ミズキ科の落葉高木、2枚の白い苞葉には葉脈もはっきりと残っている。
西庭の入口付近に咲くハンカチノキ。
朝日に輝く母屋の芝生。
連休のざわめきにまぎれていたが気がつくと表庭の芝生も蒼々としてきた。 5/16日

-

5月は

ゴールデンウイークの真っ盛りから始まる。

ユリノキ スズランスイセン 蓮池 鯉のぼり 日の丸
ゴールデンウイークも終わり、ユリノキが若葉を少しずつ拡げ始め、辺りに静寂が戻ってきた。 5/8日
西庭のスズランスイセン、奥に垣間見えるのがPOLLYANNA。
蓮池のフユザクラも水面に散って、池の端もだんだん緑に染まってきた。
そして5月は鯉のぼりの季節。
ゴールデンウイーク後半戦は先ず日の丸を揚げて始めよう。モクレンの仲間でも少し遅い黄色のエリザベスが満開。 5/3日