Garden Cottage POLLYANNA


近頃のポリアンナ


pollyanna11810

       お知らせ❤→こちら

11月も明日を残すのみ、

庭の木々も落葉がほぼ終わりとなり、膨大な落葉を堆肥場に集めたり焚火で焼却作業が忙しい。

シモバシラ シモバシラ Cottonweed前の紅葉 玄関前の紅葉 ポーチのドウダンツツジ
シモバシラ、庭の場所に依り形も長さも変わります。(陽当たりや風向きなど条件が違うため) 11/30日
シモバシラ、シソ科の多年草Keisukea japonica。 毎年数回しか立ちません。(茎が未だ生きていて水揚げしている時だけ) 11/30日
ダイニングルーム(Cottonweed)前の紅葉。 11/14日
母屋(POLLYANNA)玄関前の紅葉。11/14日
母屋(POLLYANNA)入口のドウダンツツジ。 11/14日

あっという間に11月、

今年は不順な天候が続き、ポリアンナの庭の草木たちも落ち着かない一年を過ごし、立冬も過ぎてそろそろ終盤。

モミジ POLLYANNAのアプローチ ダンコウバイの黄葉 アプローチ入口のサイン 表通り
明るい黄色の染まるポリアンナのアプローチにも紅に染まるモミジも輝いています。 11/13日
ポリアンナのアプローチ、ここからPOLLYANNAです。「ようこそ!」 11/13日
アプローチ沿いの唐松とダンコウバイ。 11/13日
入口のサインの辺りはダンコウバイの黄葉で埋まる。 11/13日
表通りの秋はダンコウバイの明るい黄葉。 11/13日

令和元年10月22日、甲斐駒ヶ岳初冠雪、

晴れ翌朝、姿を現したところを撮影。 10/23日

 BGMはピアノ曲 ”Pollyanna”  作曲・演奏:Yuriko Yamada


10月に入っても

相次ぐ台風や雨の日が多く、季節(フラワーカレンダー)もかなりずれ込んでいるよう。

第2回山田百合子ピアノコンサート 初冠雪の甲斐駒ヶ岳 ジンジソウ ユーパトリウム 第1回山田百合子ピアノコンサート サラシナショウマ ヒガンバナ シオン ピンクシュウメイギク ピンクシュウメイギク、ヒガンバナ シュウメイギク サラシナショウマ、ユーパトリウム、アキチョウジ アキチョウジ、ユーパトリウム アケボノソウ 秋の花々
ピアノ曲「Pollyanna」の作曲者 山田百合子さんの第2回コンサートを開催。台風がらみの雨続きの中、好天に恵まれ、コンサート翌日は入笠山へ登って楽しまれたとか。 10/27日
令和天皇即位礼正殿の儀が行われた日、南にそびえる甲斐駒ヶ岳が初冠雪した(10/22日)。雨の夜明け、昼頃八ヶ岳は天頂から激しい雷鳴、そして午後、正殿の儀が始まる直前、皇居には虹が架かり陽光が射し込んだとか! 10/23日
"人"の形に似ている花とか、ジンジソウも落ち葉の頃に咲く。 9/29日
北庭に咲くユーパトリウム。 9/29日
ピアノ曲「Pollyanna」の作曲者 山田百合子さんの第1回コンサートを開催。ご本人は「私の人生後半戦のライフワークにしようかなぁと」とおっしゃっていました。 9/29日
遅れて咲いた彼岸花とサラシナショウマの満開期が重なっている。 9/29日
ヒガンバナがお彼岸から少し遅れている。 9/29日
シオンもススキと同じ秋風になびく花。 9/29日
西庭に咲くピンクシュウメイギク。 9/29日
母屋ポーチ前に咲く花々。 9/28日
母屋のポーチ脇に咲くシュウメイギク。 9/28日
日増しに秋の気配が迫る中、風にそよく西庭の花たち。 9/25日
ユーパトリウムやアキチョウジは花が少なくなってきたこの季節にはありがたい。 9/23日
アケボノソウ 学名:Swertia bimaculata リンドウ科センブリ属の二年草、毎年、種を落として気ままに移動しているらしく、ぉお?今年はここに居るのかぁ! と少し驚きと共に花を愛でている。北海道、本州、四国、九州に分布。 9/23日
ポリアンナの秋の花たち。